• TOPICS トピックス
  • EVENT イベント
  • HIGHLIGHT TODAY'S 本日の見どころ
  • TICKET チケット
  • 試合予定&結果
  • LIVE SCORE ライブスコア
  • TV Schedule TV放送スケジュール
  • PLAYERS 出場選手
  • PHOTO GALLERY フォトギャラリー
  • MOVIE GALLERY ビデオギャラリー
  • ACCESS アクセス
  • VENUE MAP 会場マップ
  • OUTLINE 大会概要
  • HISTORY 大会の歴史
  • MAIL MAGAZINE メールマガジン
  • SPONSOR スポンサー

ポストマッチインタビュー

ガルビネ・ムグルザ 選手(スペイン)

2016年9月23日(金)

シングルス 準々決勝

センターコート 第5試合   1 2 3
ガルビネ・ムグルザ (ESP) [1]
2 6 3
エリナ・スビトリナ (UKR)
6 4 6

たった今終わった試合を振返って一言お願いします。

今日はとてもすごい戦いになったと思います。スビトリナ選手は良い試合ができたんではないかと思います。特に第1セット、彼女は本当に信じられない出来で、そこから先はもうやりたいようにやっていたんではないかと思います。私のほうはなんとか一生懸命彼女にくらいついていこうとしていったですけれど、最期の第3セット最後の2ゲームくらいは、もう彼女の今日の素晴らしさが全てでていたような感じがします。非常によい動きをしていましたし全てのショットをくりだして、自分のできる持ち味であるところを全て出し切っていたんではないかと思います。

最初の25分間がキーだったと思われるのは、仰ったとおりスビトリナ選手がやりやすい形でやっていたからだと思いますけど、そのような展開になったのはご自身では驚いていますか?

全くそうだと思います。全てのエリアどの地点にも思うように全てボールを打っていましたし、よく体も動いていて自分のところに入ってくるボール、目に入ってくるボールを全て良い形で返せていたと思います。それだけのレベルでは通常1試合全てを戦うことはなかなかできないはずなので、私もそれになんとか対抗しようと試みましたけれども、第1セットで彼女にペースを奪われてからは、そこから立て直すというのは難しくなってしまいました。

フレンチオープンでは本当に素晴らしい形で決勝まで進んで優勝を手にしたわけですけれども、その後どこか苦しい展開が続いているように見えるのですが、なにか変わってしまったというところはあったんでしょうか?

厳しい戦いをフレンチオープン後も強いられていますけれども、今日もそうなんですが、自分としては本当に良い形で試合はできてきたと思っています。負けてしまった試合がもちろんあったはあったんですけれども、だからといってそれで動揺するとか悲しみに暮れるというかそういう気持ちにはなっていません。ただやはり相手がとても優れたテニスをしているということは事実ですので、その中で結果的には負けてしまったと思います。私と戦う相手は当然失うものはなく、よりランクが上の者と戦うんだという気持ちで精一杯やろうと意気込みをもって挑んできますので、私はそういう厳しい相手と戦わなければいけないと思っています。ですから自分自身が何か苦しんでいるという風には思っていません。あれほどの良いフレンチオープンを過ごした後であればそのレベルを続けていくというのは難しいかもしれないですけど、今日もそうですが相手が優れているというのは多々あるのでそういう展開がたまたま続いたんではないかなと思っています。

今日の試合の終盤でドロップショットのミスが何本か連続であったかなと思うんですが、あれはどういった狙いがあったのでしょか?

そうですね、もう本当にひどいショットばかりを見せてしまいましたけれども、ただああいった場面ではとにかく相手にちょっとでも違うショットを見せてやろうと、ここまでとはちょっと違うよということを見せたかったということです。非常に厳しい戦いだったので、あっ、こんなこともしてくるのか、というような気づきをさせたかったのが目的だったんですが残念ながらあまり良い形では表れませんでした。
ページTOPへ