• TOPICS トピックス
  • TICKET チケット
  • 前回大会(2016年)結果
  • PLAYERS 出場選手
  • 前回大会(2016年)フォトギャラリー
  • MOVIE GALLERY ビデオギャラリー
  • ACCESS アクセス
  • OUTLINE 大会概要
  • HISTORY 大会の歴史
  • MAIL MAGAZINE メールマガジン
  • SPONSOR スポンサー

ポストマッチインタビュー

アリャクサンドラ・サスノビッチ 選手(ベラルーシ)

2016年9月23日(金)

シングルス 準々決勝

センターコート 第4試合   1 2 3
[Q] アリャクサンドラ・サスノビッチ (BLR)
3 6 (6)  
[WC] 大坂 なおみ (JPN)
6 7  

かなり白熱した試合いになりました。振り返って一言いただけますでしょうか?

正直なところ、今日負けてしまったのは本当に悲しい気持ちでいっぱいです。素晴らしい大会で、自分にとって、とても良い経験になりました。今後もまた、さらに良いテニスができるよう努力を続けていきたいと思っています。

最初はコイントスで勝って、レシーブを選んだ理由をおしえてください。

特に理由はありませんが、基本的には私はリターンする方が好きなので今日もそうしました。

第2セット、非常に良い形でスタートしましたが、途中から一気に逆転を許してしまいました。そこはどういう風に分析しますか。

仰るとおり、5ゲームとって5-0になったところまでは、本当に素晴らしく良いできだったんですけど、そこで集中力を欠いてしまい、そこを大坂選手に突かれてしまいました。私にもいくつかチャンスはあったんですけど、なかなか活かすことができず、これもテニスという競技の特性だと思います。

(大坂なおみ選手とは)初めての対戦だったと思うんですが、サーブのどういうところが苦労しましたか?あともう一つ、サーブ以外で彼女のストロングポイントだなと感じた部分あれば教えてください。

彼女は、本当に素晴らしいサーブを打ってくる選手ですね。今日も193キロというのを覚えています。男子選手のような速さを持ったサービスだと思います。サーブ以外ではバックハンドのクロスコートショットは、とてもアグレッシブで、私ももっとバッグハンドを磨かなければいけないなと感じさせられました。そして、大坂選手、さらにフォアも良いものを持っていると思います。ということで、彼女全ての面において、とても良い選手だと思いますので、このまま彼女も努力を続けていけば、本当にトップレベルの選手に成長していくんではないかという風に感じました。

今日はどのようなプランで大坂選手との試合に臨みましたか?どうやって彼女を倒そうと考えていましたか?

とにかくアグレッシブなプレーをしようと努力したつもりです。そして、もちろんファーストサーブをきっちりと決めていくということも目標だったんですが、なかなかそれは今日うまく出すことはできませんでした。たぶんそこが今日3セット目にいけず2セットで終わってしまった理由ではないかと思っています。昨日も言いましたが、とにかく私自身ができる良いテニス、自分なりのゲームをしっかりとプレーするということが大切だということを今日また改めて感じましたので、これからもまたその点を磨いていきたいと思いますし、将来さらにもっと強くなってて皆さんのところに戻ってきたいと思っています。
ページTOPへ