• TOPICS トピックス
  • TICKET チケット
  • 前回大会(2016年)結果
  • PLAYERS 出場選手
  • 前回大会(2016年)フォトギャラリー
  • MOVIE GALLERY ビデオギャラリー
  • ACCESS アクセス
  • OUTLINE 大会概要
  • HISTORY 大会の歴史
  • MAIL MAGAZINE メールマガジン
  • SPONSOR スポンサー

ポストマッチインタビュー

ドミニカ・チブルコバ 選手(スロバキア)

2016年9月20日(火)

シングルス 1回戦

センターコート 第2試合   1 2 3
ルーシー・サファロバ (CZE)
6 1 5
ドミニカ・チブルコバ (SVK) [6]
4 6 7

本日の試合の感想を頂けますでしょうか?

今日は本当に、とってもよく、戦った試合だと思います。それは、2人に言えると思います。私もとても良い試合ができましたし、センターコートで自分の最初の試合をプレイできたこともとても気分が良かったです。可能な限り自分のできることをしたつもりですし、ポジティブなことを、すべてやったんではないかと思います。いくつかとてもタフな状況に陥りましたけれども、なんとか自分でうまく切り抜けられたと思います。自分のパフォーマンスにとても、満足しているところです。

次の試合は、大坂なおみ選手との対戦になります。おそらく初めての対戦だと思いますが、どれだけ大坂選手のことをご存知ですか? どんな試合になりそうですか?

何度か、彼女の試合は見たことはあります。あのー非常に、身体の大きな選手ですので、とてもパワフルなテニスをするなと感じています。過去に対戦したことはなく、今回初の対戦となりますが、今まさに上昇中の若い選手と戦うというのは難しいところもあるかと思います。特に彼女の場合は、まだまだこれから上がっていくばかりで、今何も失うものはないというような状況ですから、タフな試合になるのではないかと思います。ただ自分も、私もそういった状況には、これまでキャリアの中で立たされたこともあります。今日の試合、ルーシー(ルーシー・サファロバ選手)相手にとても良い形で勝てたので、この試合で得た自信をそのまま次の試合に持ち込んで、私なりの良いテニス、良いプレイができればと思っています。

去年、左アキレス腱を怪我されたと思いますが、それを乗り越えて今シーズンツアー2勝。とても充実しているのではと思いますが、今シーズンどんな風に、ご自身では感じられてますでしょうか?

そうですね。おっしゃる通り去年は本当に怪我に泣かされたシーズンでしたけども、それはもう過去のことですので、忘れています。今年は、非常に素晴らしいシーズン、しっかり戦えるシーズンを過ごしてきていると思っていますので、出場した各大会でも、先のラウンドに進んでいくこともできていますので、そういった状況をシーズン中ずっとこなしてくることができていると感じていますし、これから先はもう本当にシーズン残り最後という段階になります。終盤を迎えるので、ここから先、もう本当に自分のベストを尽くしながら、あんまり自分にストレスをたくさん与えないように、この時期非常にリラックスして、臨めればと思ってます。シーズン当初はランキングも70位前後で始まっていたんだけれども、そこから、徐々に回復することもできましたので、本当に、ここまで素晴らしいシーズンだったと自分では振り返っています。このままの調子を維持して、良い形でシーズンを終えたいと思います。

次の対戦相手、大坂なおみ選手は、セリーナ(・ウィリアムズ)選手の様なビッグサーブが売りですが、それに対抗する策というのはありますか?

彼女とはまだ対戦していませんけれども、彼女の、サービスはどんなものを打ってくるのかというは、これからコーチと一緒に研究して対抗策を立てたいと思います。試合内容は今日のような、ラリーが続くような試合にはならないと思っています。ただこれまでも、非常に強いサーブを打つ選手と、たくさん戦ってきました。そして、そのサーブをしっかりとリターンすることもできてきていると思っています。ですので、彼女は、本当に早いサーブを打ってくるとは思いますけれども、私自身とても良いリターンができる選手だと思っています。タフな試合にはなると思いますけれども、十分に準備を整えて臨むつもりです。

結婚式と結婚した時期を、」一応確認させて欲しいんですけど…。多分7月に結婚式なさって結婚も今年でいいのかと、結婚して何かこう心境の変化などあったら教えて頂けますか?

結婚したのは今年で、結婚式は7月でした。ただ、あのー結婚以降、何か変わったかと言えばまったく変わっていなくてですね。ちょっと、面白い状況になってしまったのは、ウィンブルドンで、とても良い戦いをずっと続けていて、もしかしたら大会期間中に結婚式がかち合ってしまうのではないか、というタイミングがだったんですけれども、途中敗退して地元に戻ったのが木曜日で、結婚式は土曜日という風に忙しい中やりましたが、たくさんの人に祝って頂いて本当に、本当に素敵な、結婚式になりました。
ページTOPへ