• TOPICS トピックス
  • EVENT イベント
  • HIGHLIGHT TODAY'S 本日の見どころ
  • TICKET チケット
  • 試合予定&結果
  • LIVE SCORE ライブスコア
  • TV Schedule TV放送スケジュール
  • PLAYERS 出場選手
  • PHOTO GALLERY フォトギャラリー
  • MOVIE GALLERY ビデオギャラリー
  • ACCESS アクセス
  • VENUE MAP 会場マップ
  • OUTLINE 大会概要
  • HISTORY 大会の歴史
  • MAIL MAGAZINE メールマガジン
  • SPONSOR スポンサー

基礎知識とルールガイド

  • TOP
  • 基礎知識とルールガイド

テニスの見方

テニスガイド

観戦初心者も心配しないで!すぐに観戦が楽しめる!
東レPPOテニスまでにテニスの知識やルール、観戦マナーを少しずつ、楽しく覚えていきましょう!

試合の形式は?

通常の国際試合で採用されているのが『3セットマッチ』で、3セットのうち、2セットを先に取ったほうが勝利となる。ただし、グランドスラム大会の男子シングルスと、男子国別対抗戦であるデビスカップでは5セットマッチが採用されている。5セットマッチでは、3セットを先に取ったほうが勝利となる。
女子の国際大会である東レPPOテニスは1回戦から決勝まで、3セットマッチで行われる。

スコアはどんなふうに進行するの?

テニスの試合は、『ポイント』→『ゲーム』→『セット』→『マッチ』の順に進行していく。

ポイントの数え方は以下の通り。
0ポイント→「0/ラブ」
1ポイント→「15/フィフティーン」
2ポイント→「30/サーティー」
3ポイント→「40/フォーティー」
4ポイント→「ゲーム」

上記の通り、1ゲームは先に4ポイントを取ったほうが獲得するが、お互いが3ポイントずつ取った場合「40-40/デュース」では、次のポイントを取ったほうが「アドバンテージ」となり、「アドバンテージ」を持っているほうが次のポイントを取ると、「ゲーム」を獲得することになる。
つまり、「デュース」になった場合は、どちらかが連続2ポイントを取るまで続く。

デュースって?

お互いに3ポイントずつ取り合って、「40-40」になった状態。もしくは「アドバンテージ」になったあとに再度スコアがイーブンになった状態。

アドバンテージって?

デュースになったゲームで先にポイントを取ったプレーヤー(チーム)を「アドバンテージ」と表現する。審判はこのとき「アドバンテージ○○(名前)」とコールする。また、スコアボードでは「A-40」、「40-A」と表現され、このときの「A」はアドバンテージの略である。

セットって?

相手に対して2ゲーム以上の差をつけて先に6ゲームを取ると、セットの勝者となる。ゲーム数が6対6となった場合は、ツアー大会や多くの試合で、現在は「タイブレーク」が導入されているが、全米オープンを除くグランドスラム大会のファイナルセットに限り、6ゲームを超えても2ゲームの差がつくまでセットを続ける「アドバンテージ・セット」が採用されている。

タイブレークって?

ゲーム数が6対6になった場合、先に7ポイントを取ったほうがセットを獲得できる。ただし、ポイントが6対6となった場合は、2ポイント差がつくまで行う。
タイブレークでは「0ポイント(ゼロ)「1ポイント(ワン)「2ポイント(ツー)」…というように点数を数える。

エンドとサービスの選択

どちらのエンド(コートサイド)を選ぶか、または、サーバーかレシーバーのどちらかを選ぶかを決める「トス」を試合前に行う。
プロの公式試合では、主審がコインを投げる「コイントス」を行うのが一般的。

サーバーとレシーバー

ポイントを始めるときに最初にボールを打つプレーヤーをサーバー、そのサービスを返球するプレーヤーをレシーバーと呼ぶ。

サービスの順番

各ゲームが終了したら、そのゲームのサーバーが次のゲームのレシーバーに、レシーバーがサーバーになる。

コートサイドの呼び方

コートの右サイドを「デュースサイド」、コートの左サイドを「アドバンテージサイド」と呼ぶ。

エンドの交代

プレーヤー(チーム)は、各セットで奇数ゲーム(第1ゲーム、第3ゲーム、第5ゲーム…)が終了したらエンドを交代する(「チェンジエンド」)。セットが終了したときは、合計ゲーム数が奇数ならばエンドを交代し、偶数ならば次のセットの第1ゲームが終了したときにエンドを交代する。
また、タイブレークでは6ポイントごとにエンドを交代する。

サービスの仕方

サーバーは、第1ポイントはデュースサイドからサービスを行い、第2ポイントはアドバンテージサイドからサービスを行い、ゲーム終了までこれを交互に行う。
サーバーは1ポイントにつき2球サービスを打つことができ、最初のサービスを「ファーストサービス」、2球目のサービスを「セカンドサービス」と呼ぶ。2球続けて失敗すると相手のポイントとなる。

サービスフォールト

打ったボールが正しいサービスエリアに入らなかったとき、ネットに当たって自コートに落ちたとき、空振りなどして打とうしたが打てなかったときなどはサービスの失敗と見なされ、「サービスフォールト」となる。
また、サービスを打つときに、サービスラインを踏んだり、歩いたりなどしてポジションを変えると「フットフォールト」となり、これも「サービスフォールト」となる。

サービスレット

サービスがネットやストラップなどに触れてレシーバー側のサービスコート内に入った場合は、サービスをやり直すことができる。これを「サービスレット」と言う。

ページTOPへ