• TOPICS トピックス
  • EVENT イベント
  • HIGHLIGHT TODAY'S 本日の見どころ
  • TICKET チケット
  • 試合予定&結果
  • LIVE SCORE ライブスコア
  • TV Schedule TV放送スケジュール
  • PLAYERS 出場選手
  • PHOTO GALLERY フォトギャラリー
  • MOVIE GALLERY ビデオギャラリー
  • ACCESS アクセス
  • VENUE MAP 会場マップ
  • OUTLINE 大会概要
  • HISTORY 大会の歴史
  • MAIL MAGAZINE メールマガジン
  • SPONSOR スポンサー

基礎知識とルールガイド

  • TOP
  • 基礎知識とルールガイド

テニスの見方

テニスガイド

観戦初心者も心配しないで!すぐに観戦が楽しめる!
東レPPOテニスまでにテニスの知識やルール、観戦マナーを少しずつ、楽しく覚えていきましょう!

コートの広さは?

テニスコートは、シングルスコートが縦23.77m、横8.23m、
ダブルスコートが縦23.77m、横10.97。
ダブルスコートは横に2.74m広く、その広くなった部分は『アレー』と呼ぶ。

ネットの高さは?

コートの中央にはコードで吊ったネットが張られていて、その高さは1.07m。また、ネット中央の高さは0.914mと決められているため、ストラップでコートを押し下げて高さが調整されている。つまり、両端よりもセンター付近の方がネットは低くなっている。

コートのラインの呼び方は?

コートの縦方向の両端を結ぶラインを『ベースライン』、横方向の両端を結ぶラインを『サイドライン』と呼ぶ。
ネットの両側から6.40mのところで、サイドラインと平行に引いた線を『サービスライン』。
このサービスラインとネットに囲まれたエリアを『サービスコート』と呼ぶ。
また、このサービスコートを均等に分ける線を『センターサービスライン』と呼ぶ。

どんなボールを使っているの?

試合で使われるボールは、所定の規格に合ったものでなければならない。ボールの重さは56.0~59.4g、サイズは6.54~6.86cmと決められており、そのほかさまざまな規定値がある。ボールの色は一般的に黄色が多いが、規定では「白色または黄色のいずれか」とされている。

ラケットの大きさなどは決められているの?

試合で使用されるラケットは、所定の規格に合ったものでなければならない。ラケットのフレームは全長73.7cm、全幅31.7cm以下、打球面は全長39.4cm以下、全幅29.2cm以下など細かく規定されている。

コートのラインの呼び方は?

国際大会で使用されているコートの種類は大きく分けて3種類ある。
4大大会と言われる『グランドスラム』では、全豪オープンと全米オープンがハードコート、全仏オープンが赤土のクレーコート、ウィンブルドンが芝のグラスコートで行われている。
ちなみに、東レPPOテニスが開催される有明コロシアムのコートは、ハードコートだ。ハードコートはセメントやアスファルトの上に、合成樹脂などがコーティングされているコートのことを言う。

ページTOPへ