• TOPICS トピックス
  • EVENT イベント
  • HIGHLIGHT TODAY'S 本日の見どころ
  • TICKET チケット
  • 試合予定&結果
  • LIVE SCORE ライブスコア
  • TV Schedule TV放送スケジュール
  • PLAYERS 出場選手
  • PHOTO GALLERY フォトギャラリー
  • MOVIE GALLERY ビデオギャラリー
  • ACCESS アクセス
  • VENUE MAP 会場マップ
  • OUTLINE 大会概要
  • HISTORY 大会の歴史
  • MAIL MAGAZINE メールマガジン
  • SPONSOR スポンサー

連載コラム

  • TOP
  • 連載コラム

プレーヤーズ・ストーリー ~2016年注目の女子プレーヤーたちの軌跡~

連載コラム

このコラムでは、2016年注目の女子プレーヤーや東レPPOテニス2016に出場を予定しているプレーヤーを毎週ひとりずつ紹介していきます。

ベリンダ・ベンチッチ

ベリンダ・ベンチッチ

Belinda Bencic

このコラムでは、2016年注目の女子プレーヤーや東レPPOテニス2016に出場を予定しているプレーヤーなどを毎週ひとりずつ紹介していきます。
第4回は2015年大会準優勝のベリンダ・ベンチッチ選手です。19歳の注目プレーヤーについてクローズアップします。

ベリンダ・ベンチッチ
ベリンダ・ベンチッチ

次世代女王候補の強さの秘密

東レPPOテニス2015年大会では、ガルビネ・ムグルザ(スペイン)、キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)と格上を次々に破って決勝に進出。18歳の初々しい笑顔、そして18歳とは思えない堂々とした雰囲気やオーラで有明を魅了したのがベリンダ・ベンチッチ(スイス)だ。

ベンチッチのテニスには、速いテンポで小気味よく相手を翻弄する巧さがある。東レPPOテニスのトーナメント・アンバサダーを務める沢松奈生子さんは「ライジングで打つのがうまく、ボールの処理の仕方などは、マルチナ・ヒンギスに共通していますね。ものすごいセンスを感じます」と、日本でも絶大な人気を誇った元女王になぞらえて語る。 ベンチッチのプレーが同国の先輩・ヒンギスに影響を受けているのは、必然とも言えるだろう。

ベリンダ・ベンチッチ

1997年、スイス生まれのベンチッチだが、両親はチェコスロバキア出身でスイスに移住。4歳のときにヒンギスの母でコーチでもあったメラニー・モリターさんが教えるテニススクールでテニスを始めたという。ヒンギスの母もまたチェコ出身で、そもそもふたりには大きな共通点があったといえるだろう。
そのヒンギスの母の指導に導かれ、ベンチッチは才能を開花させていく。全仏ジュニア、ウインブルドン・ジュニアで連勝するなどジュニアタイトルを総なめにし、ジュニアチャンピオンに輝いているのもヒンギスと同じだ。

「ヒンギス親子からは私がキャリアをスタートしたときから、すべてを教えてもらっているわ。もちろん、マルチナとも何度も練習しているし、彼女はたくさんアドバイスもしてくれる」
昨年の東レPPO大会期間中、ベンチッチは記者会見で、ヒンギス親子への感謝を口にしていた。このときも、毎試合後、電話でホームコーチであるメラニーさんからアドバイスなどをもらっていたという。 若くして、戦術やテクニックに秀でているのはヒンギスゆずりなのだ。

ツアーでは2012年、15歳でWTA本戦にデビュー。14年には全米オープンでベスト8進出、そして昨年は自身初タイトルを含めてツアー2勝を挙げている。トーナメントの経験を積むたびにしっかりと成績を残し、今年2月、ロシアで行われた大会での決勝進出により初のトップ10入りを果たした。
「トップ10に入るというのは、小さなころからいつも夢見ていたことだから、私にとっては本当に大きな瞬間だわ」 ベンチッチは、その喜びをそう素直に表現している。

コートの外ではフレンドリーな表情を見せるベンチッチだが、コート上では激しい一面を見せる。自分のミスに声を荒げ、ラケットを投げ、そして時には怒りのあまり泣き出してしまうことさえある。 「私は感情が表に出やすいタイプなの。コートの上でも、それ以外でもね。でも、コートでの怒りは決して対戦相手に対してではなくて、自分自身に対してのものなのよ(笑)」
コートの中で激しい感情を見せた試合のあと、記者会見でケロッとしたように笑って話す。
「気の強さもヒンギスに似ていますよね」と沢松さんも言っていたが、ヒンギスだけでなく、ステフィ・グラフやマリア・シャラポワ、セリーナ・ウィリアムズなど歴代女王たちが見せてきた気持ちの強さを思えば、それは頂点に立ち、その座を維持するためには欠かせない要素に違いない。きっと、そうしたコートで見せる気の強さも、女王たちに私たちが惹きつけられる理由のひとつなのだろう。

ベリンダ・ベンチッチ

ベンチッチと日本の幸せな関係

「日本には何かいいバイブレーションを感じるの。初めて来たころからいい結果が出ていたし、数々のいい思い出もできている。いつも歓迎されていると感じているし、私にとって気に入った街になっているわ」日本について、ベンチッチはそう話す。
2013年にはツアー下部のITF大会に出場するために静岡や愛知を転戦し、その後も何度も来日を果たしている。そして、なんといっても彼女がキャリアにおいてツアー初勝利を挙げたのは、2013年に東レPPOテニス初出場したときだった。
今年も出場となれば、4年連続の出場となる。
19歳になり、トップ10も経験したその成長をファンにきっと見せてくれるはずだ。

ページTOPへ