東レPPOテニス2016大会サイトはこちら

2015年試合結果 [ポストマッチインタビュー]

9月25日(金)ダブルス準決勝   穂積 絵莉 / 加藤 未唯 組

センターコート 第5試合   1 2 3
穂積 絵莉 (JPN)
加藤 未唯 (JPN)
4 5  
詹皓晴(チャン・ハオチン) (TPE)
詹詠然(チャン・ユンジャン) (TPE)
6 7  

Q.今の試合を振り返って、一言ずついただけますでしょうか?
A.(加藤選手)序盤から自分たちもいいプレーが出来ていたので、負けたのはすごく悔しいんですけど、でも、今日が一番、今まででいいダブルスが出来たので、うれしい部分もあります。
(穂積選手)えー、今日の相手は、私は去年、ジャパンウィメンズオープンで対戦していて、パートナーは江口選手だったんですけど、もうその時はボコボコにやられて成す術なしという感じで、でも、今日は本当に厳しい戦いになるなと思っていて、コーチとかパートナーの加藤選手ともいろいろ話して、もうとにかく相手はもう本当にトップの選手だから自分たちにやるべきことをやろうって話して入っていったら、もう最初からいい集中でいいプレーが出来たので、負けてしまったことは悔しいですけど、この舞台で今日みたいな相手にいいプレーが出来て本当に自信になりましたし、これからもこういう上の舞台でどんどんトライして、チャレンジしていきたいなと思いました。

Q.見ていてもすごく動きがよかったし、コンビネーションもよかったと思うんですけど、やってるお二人としては、特にどんなところが通用したとかよかったとか、その辺の説明をお願いします。
A.(穂積選手)加藤選手とは、ジュニア時代から結構組むことが多くて、プロになって1年目も組んでいて、今回組んだのは3年振りくらいだったんですけど、この大会出る前から2大会組んで、いろいろ話し合ってやってきて、ジュニア時代に組んでいたこともあって、本当にコミュニケーションというかコンビネーションはすごい、相手はまあ姉妹だったんですけどそれに負けないくらいコンビネーションはよかったと思いますし、まあいろいろフォーメーションとか使ってやったのもすごい通用したなと思った部分はありました。
(加藤選手)リターンから攻められたのは、1ゲームからブレイクできたと思うので、リターンはよかったと思いました。後は、相手はボレー触ったら絶対に決めてきたんですけど、私たちは止めるのが精一杯という感じがあったので、今後は、そのボレーを触ったら決めるという風にしていきたいです。

Q.その中国からコンビを復活させた経緯というか、その辺を教えてもらえますか?
A.(穂積選手)この前の週のジャパンウィメンズオープンで一緒に組もうと言う事を決めて、それならその前に中国お互い出るってなったので、じゃ、そこも組んで、じゃ東レも組んで、で、ま、私から声をかけたんですけど、あの、まあ、加藤選手とはプライベートでも仲もよくて、やっぱりダブルスは、そういう、楽しくやりたかったので、お願いしますって私が声をかけただけです。
(加藤選手)はい、それに答えました。

Q.今後も組んでいく予定ですか? シングルスのランキングにちょっと差があるのかな。。。その辺ちょっとお願いします。
A.(穂積選手)今のところ決まっているのは、来週の中国ITF5万ドルを組んで、その後は、10万ドル有明、東京トヨタの3大会は今決まっています。

Q.先ほど、穂積選手が悔しいけど、非常に自信になったと。このレベルでこの舞台でチャレンジしていくということですけど、今後、その今日よかった点をどんな風に、ダブルスでも良いし、シングルスにも活かしていけるかなと考えていますか?
A.(穂積選手)そうですね、さっき、加藤選手が言ったように、やっぱり相手は前で触ったボールは確実に決めてきていて、私たちはやっぱり前で触れても、返されてしまったりとか、ミスしてしまったりというポイントがまだまだ多いので、ダブルスではそういうところをきっちり練習して、もう、ここぞという時にしっかり自分たちのパターンでポイントを取れるように練習していきたいと思っています。
(加藤選手)ま、ボレーもそうなんですけど、シングルスでも前ボレーで決められるように頑張っていきたいです。

Q.今回、WTAの割と大きな戦いの金曜日までの本戦で戦ってきたわけですけど、何か収穫というか、発見したこととかあれば教えて下さい。
A.(穂積選手)そうですね、今大会は、ウォズニアッキ選手、イバノビッチ選手っていう、トップ10のプレイヤーの方達がたくさんいて、金曜日まで残るとプレイヤーの人数も少なくなってきて、一日の過ごし方というのを間近で見られるというのはすごく勉強になりました。
(加藤選手)試合では、今日が一番いいプレーが出来たんですけど、1回戦、2回戦かみ合わなくても、何回かやっているうちにかみ合ってきて、いいプレーが出来たので、長くいられたのはよかったです。
  • チケットはこちら
  • 試合結果