東レPPOテニス2016大会サイトはこちら

2015年試合結果 [ポストマッチインタビュー]

9月22日(火・祝)シングルス1回戦   土居 美咲選手

センターコート 第3試合   1 2 3
奈良 くるみ (JPN)
7 6  
土居 美咲 (JPN)
6 (1) 2  

Q.本日の試合を振り返って一言お願いします。
A.今日はなかなか自分の流れに持っていけなくて、サービスもそこまで調子もあまり上がってこなかったのもあって、なかなかリズムがつかめなかったです。

Q.今日はかなりフォアがいい時があったりミスが出たりと不安定な感じがしたんですけど、ゲームプランがどうだったのかって言うこととフォアの調子について教えてください。
A.やっぱりフォアが主体で攻めていける形が元々できていれば、試合としての流れもいい事が多いんですけど、そんな中で今日はなかなか、安定感と、ボールの重さが出なかったことで、くるみにとっても、たぶんやりやすい、やりやすいというか、そんなに相手を追い込むことができなかったですね。

Q.体調面とかケガという点での何か不安材料、ちょっと、足、心配なような風にも見えるんですが、今。
A、深刻なケガではないんですけど、少しちょっと気になるので、テーピングをしている感じですね。

Q.左足首ですか?
A.左足首と左の膝ですね。

Q.それはケアという意味で?
A.そうですね、少し時々痛みというか違和感が出るときがあるので、少し予防として。

Q.奈良さんとは久しぶりの対戦で、日本人同士の対戦でもありますけど、やりにくさみたいなのはあったでしょうか?
A.やっぱり少なからずやりにくさはありましたし、日本でということもあったんですけど、普段だったらなるべく考えないようにプレーできたほうがより良かったとは思うんですけど、少なからず意識してしまった部分もあるので、今後少しナーバスになったときでもいかに自分のプレーを徹底してできるかっていうのができてくると、より自分のプレースタイルもよくなってくるとは思います。

Q.もちろん勝ちたい試合ではあったと思うんですけど、日本のこの大きな大会で、ジュニア時代から一緒に戦ってきた、奈良さんと、本戦の舞台で戦えたという、ちょっと勝負とは別に、なにか特別な意識というか、ここまでまずはステップアップしてきたっていう意識というか感覚というか、いかがですか?
A.そこまでは、ん~・・・ないというか、そうですね、言っても一回戦なので、お互い、逆にもっと上で当たれるともちろんいいですし、このレヴェルでもちろんあたれるっていうのは、ジュニア時代から一緒にやっているのですごくいいことだと思いますけど、二人とももっともっと頑張って上で当たれるように頑張りたいと思います。

Q.もちろん、奈良さんのことは昔からよくご存知でしょうし、練習することも多いと思うんですけれども、あらためてこの数年で奈良さん結構ランキングも上げてプレースタイルも変えてきてってのもあると思うんですけど、対戦してみて感じた奈良さんの強さって言うのはどういうところだったでしょうか。
A.彼女自身そんなにパワーもあるわけじゃないんですけど、逆にそこをポジティブにおそらく彼女は捉えて、フットワークだったりとかボールの安定性だったりとか、そういうところが彼女の武器だと思うので、やっぱり私にはない部分を持っているので、そこはすごく、そうですね、見習うところもすごく多くあると思います。
  • チケットはこちら
  • 試合結果