東レPPOテニス2016大会サイトはこちら

2015年試合結果 [ポストマッチインタビュー]

9月22日(火・祝)シングルス1回戦   カルラ・スアレスナバロ選手(スペイン)

コート 1 第3試合   1 2 3
カルラ・スアレスナバロ (ESP)
7 6  
カテリナ・ボンタレンコ (UKR)
6 (3) 2  

Q.今終わりました試合の感想をお願いします。
A. いいプレーができたと思っています。ただ、本当に第1セット、あれだけの接戦でとれて良かったです。正直、長い時間がかかりましたし、暑かったので多少疲れたんですけれども満足しています。2回戦に進むことができてよかったです。

Q.WTA統計を見たんですけども、最近8連敗だったということは本当ですか?今日のプレーを見ましたけれど、ボールもハードに打っていたし、サーブも良かったし、多少のミスはありましけれどもいい試合だったんではないでしょうか。今の気分はどうでしょうか?先週末に、対戦したばかりの相手だったので、そういう相手とまた今日試合するというのはやりやすかったですか?もしくはやりにくかったですか?
A.8連敗というのは本当です。ここ2ヵ月間自信を失っていましたので非常に難しかったです。自分の気持ちを変えるというのがなかなかできなくて、試合のたびに疲労感が残っていました。で、トーナメントに出るたびに、やはり、選手たちは同じ目的を持っていますし、また対戦相手がトーナメントで優勝した選手も多かったので、非常に厳しかったです。ただ、今週のこの本戦ドローは今までの中で一番よかったと思います。最近プレーをした相手と、つまり先週末ですけれどもプレーをすると言うのは自分にとっては知った相手だったので、それがかえって功を奏しました。ですのでリラックスして自分の試合ができて今までよりもいいプレーができました。

Q.ということは、今回のこの組み合わせに対しては嬉しかったということですか?
A.そうです。先週プレーをした相手、確かに負けはしましたけども、今回はここを変えようという、そういう考え方ができましたので、誰か他の選手とプレーをするよりもボンダレンコ選手とプレーをしたほうがよかったです。ですので、やりやすかったです。

Q.今回は、先週と何を変えたんでしょうか。ボンダレンコ選手もかなり苦しんでいたようですが?
A.一番自分にとって大事だったのは、まずリラックスして試合をすること。それから、意識をポジティブに保つということ。そして、すべてのポイントを取ろうと思うことと、それから、戦う気持ちを忘れないということです。まぁ、先週の彼女もいいプレーをしましたし、私もいいプレーはしたんですけれども、そこを変えていこうと思いました。安定したプレーをすることは大事ですけども、なにしろリラックスしてポジティブな気持ちを維持するということが一番大事でした。

Q.今回勝ったことによって嬉しくてリラックスしてホッとしていますか?もしくは逆にこの勝利によって、神経質になったり緊張していたりしますか?これから中国に行くわけなんですけれども、勝った事にに対する影響というのはどうでしょうか?
A.嬉しいです。で、今勝ったという事で自分の置かれている状況が変わりましたので、次に2回戦に進むことによって、もう1回自分の試合をすることができます。それから今シーズン始めは、かなり強いスタートを切りましたので、そのまた今シーズン始めの自分に戻るというチャンスが、またできました。

Q.ここ2ヵ月間一体何が起きていたんでしょうか?メンタルの問題だったのですか?もしくは、肉体的に何か、怪我をしていたんでしょうか?
A.いえ、肉体的な身体的な面ではよかったです。ただもうメンタルです。気持ちが疲れていました。色々な試合をして、そしてクレイシーズンが終わって、それから芝に行って、ちょっとそれが自分にとっては辛い、自分にとってはちょっと苦手感があり芝は難しいと思います。それからハードコートに移ったんですけども、クレイシーズンの後にちょっと疲れてしまいました。それからこのレベルでずっと自分を維持していくためには、常にいい試合をして常に集中していかなければいけません。ですがそういう中で自分はまぁ疲れてしまったということ、そしてリラックスして、リラックスしながらもフォーカスするということが難しかったんです。すべての大会でそれでもなんとか今回は負けたけど次は頑張ろうと思っていたんですけども、やはり翌週も負けてしまうということが続いた場合には、非常に気持ちを維持していくのが難しかったです。ただ、それでも練習をとにかく頑張ればいいんだ、ということでかなりきつい練習をして、そして前向きな気持ちをなんとか保つようにしていきました。

Q.今年、27歳で自己最高の8位になられたと伺ってますが、何か変えたことによって成績が上がったのですか?考え方だとか、プレースタイルだとか。何かきっかけがあれば教えてください。
A.考え方とそれからプレースタイルの両方を少しずつ変えました。まず、ツアーで経験を積むということを特に重視しました。メンタル面でそれが少し変わったと思いますし、あとプレーもより攻撃的になりました。本当に大きな大会に参加するようにして、そういうツアーをとても楽しんでいます。そして、満足してます。また、オフシーズンの過ごし方も満足していますので、そういう意味でよい結果が出ていると思います。特に最初の6ヵ月間、日常的な練習のしかたですとか、いつものやりかたというものがメンタル面も含めて変わったと思います。
  • チケットはこちら
  • 試合結果