東レPPOテニス2016大会サイトはこちら

2015年試合結果 [ポストマッチインタビュー]

9月21日(月・祝)ダブルス1回戦  土居 美咲 / 奈良 くるみ 組

コート 1 第4試合   1 2 3
ラケル・コップスジョーンズ (USA)
アビゲイル・スピアーズ (USA)
5 4  
土居 美咲 (JPN)
奈良 くるみ (JPN)
7 6  

Q.試合の感想をお一人ずついただけますでようか。
A.(奈良選手)まさか、正直なところあのペアに勝てるとは思ってなかったので、私自身過去に2回ほど対戦して、まったく突破口を見出せないまま2試合とも負けていたので、今日はそういう相手に勝てたことがすごく嬉しいです。
(土居選手)そうですね、私もまぁ試合前に、厳しい相手だろうなというのはありました。
ファースト0-4スタートだったので、正直どのぐらいゲームとれるかなぁという思いで、最初の方はいたので最終的に勝ちにつなげられて本当によかったです。

Q.今回のワイルドカードをもらうっていうのは、いつぐらいの時点で知ったんでしょうか。
A.(奈良選手)あのー、まぁ、ずっとワイルドカードをもらえないかというお願いをしていて、ほんとに正式に決まったのは、昨日だと思います。はい。

Q.粘り勝ちだったのかなと思うんですけど、勝因をどう分析されているか、お二人にお伺いできればと思うんですけど。
A.(奈良選手)ああいうスピードのあるネット詰めをしてくる相手だったので、0-4までは自分たちも中途半端にただ返すだけとなってしまいました。そこからは相手に前に入られても、フルスイングで返されてもよいからと、しっかりボールを返していくっていうシンプルな作戦にしたことが良かったと思います。
(土居選手)そうですね、最初はまぁお互いにやるべきことが、なかなか明確になってなかった部分はあったんですけど、えーまぁお互いポイント間で、なるべく話し合って、次のポイントを具体的な話し合いをして、そうすることによってしっかり振り切ることができ、相手の早いペースのプレーにも対応できるようになったのが良かったと思います。

Q.ノーアドの方式は嫌いだという人が結構多いんですけれども、お二人はいかでしょうか。
A.(奈良選手)うーん、そうですねー、まぁでも私たちのストロークだったりとかが強みだったりするのでノーアドの方がいいというか・・・ 私たちには、ノーアドの方が有利なんじゃないかなとは思います。
(土居選手)えーっと、どっちだろう。私は、どっちでも…。えぇーっと、まぁノーアドだったら、やっぱりアグレッシブにやる事を明確にして、やんなきゃいけないので、よりスリリングなプレーにはなるので、楽しみは選手もお客さんもあるかなと思います。

Q.第1シードのアメリカを倒したという点に関してはどうですかね。もう一度コメントもらってもよろしいですか。
A.(奈良選手)いや、もう信じられないていう。もう、そうですね。
第1シードっていうのもあんまり考えてなかったですけど、ほんとに強い相手で、今までどう崩していいかっていうのは、ほんとに見えなかった相手なので、それを今日崩せて、こうやって勝ちにつなげたというのは私にとって自信になりました。
(土居選手)そうですね、まぁ第1シードというのもありますけど、あのペアリングはまぁずっと組んできていて、ダブルスで戦ってきている選手なので、以前対戦した時も、もう壁の様な印象があって、なかなか突破口を見出せなかった印象があるんですけど、そんな相手に勝ちの形を作り上げていけたっていうのは、本当に自信になると思います。

Q.8強ですけど、これからどういうテニスをしたらいいんですかね。
A.(奈良選手)えっ、今で8強なんですか?(記者:そうですよね。たぶん)アハハ、いやもうすごくやっぱり東レというおっきな大会でダブルスで1勝できたというのは、すごく嬉しいですし、先週からのいい流れで土居選手とのペアでこうして日本人が2回戦に進めるということも、もうすごく嬉しいです。
(土居選手)なんでしたっけ、すいません。そうですね、1回勝っただけですけど。えーっと、8(エイト)に入れるというのもなかなかないことなので、ほんとにすごく嬉しく思います。

Q.さっきのノーアドの質問からの流れで、レシーバーズチョイスになった時に、どっちがやるってたぶん替えてると思うんですけど、どういう状況によってかえているのかっていうのと、あと今更なんですけど、土居さんの方がフォアサイドに入ってっていう方がやりやすいなと思われますか。
A.(奈良選手)えー、ノーアドに関しては、ほんとにその場その場でゲームの流れだったりとか、リターンがしっかり返っている選手だったり、自分たちのフィーリングで自分が行けると思ったらいきますし、みっちゃんの方がお願いしたいっていう時は、自分が前で動けるっていう、その場のゲームによってかわります。
ノーアドに関しては、ジュニアの時は反対だったと思うんですけど、やっぱり私のバックサイドでは、バックのラリーが有効になりますし、フォアサイドではやっぱり、みっちゃんの回り込みっていうのが、すごく相手にとっては脅威になるので、あとはやっぱりポーチに自分たちがフォアサイド、フォアボレーで打てるっていうことも1つ利点だと思います。

Q.よく、ホームの利点といいますか、「ファンの後押しがあって、助けられました」っていうようなことを皆さん、オンコートとかではよくおっしゃいますし、こういったプレスカンファレンスでも言うんですけれども、実力の以上にファンの声援によって後押しされて、あと一歩のところが取れるっていうことはあるんですか。今日なんか、ものすごい雰囲気だったんですけれども。助けられますか。
A.(土居選手)そうですね、特に今日はファンの方がものすごく応援してくれたので、やっぱり後押しになりましたし、
特にダブルスなので、2人でどんどん盛り上がっていけると、より良いダブルスにもなってくるので、今日は特にファンの皆さんの応援を感じることができました。
(奈良選手)はい、そうですね。ま、あとは今日は相手が、私たちのホーム感、皆さんが応援してくれたことによって、相手が緊張を感じてしまって、こう、すごく固くなっていたなっていう印象はあります。

Q.フォーメーションの話なんですけど、土居さんのサーブのデュースサイドで、アイフォーメーションじゃなくて、あの辺の考えというのは、やってみてどういう狙いでやって、実際にやってみてどうだったのかとうのも教えてもらってもいいですか。
A.(土居選手)えーっと、そうですね、お互い得意なのが、私はフォアハンドで、くるみがバックハンド。
ま、そっちのその選手が後ろにいるストロークにいるフォーメーションを作りたいっていうのでその形をとってます。
そうですね、ま、はまってると思いますし、他にそのフォーメーションを使う選手がそんなにいないっていうのもあるので、惑わすことはできたかなと思います。

Q.明日はシングルスの試合が決まっておりましたが、なんかこう「明日シングルスだなー」とか、ふわっとどこかで思い浮かんだりしたこととかがあったりとかはしましたか。
A.(奈良選手)今日の試合中ですか?試合中は、そんなこと思ってる余裕は自分にはなかったので。あのー、思いませんでした。はい。

Q.それに関連してなんですけど、明日の試合、それぞれ、今日の会見で仲のよさを感じて、コートの中では別になると思うんですが、明日の試合、それぞれ意気込みをお願いします。
A.(奈良選手)えー、あのやっぱりあのーまぁ、明日土居選手と対戦しますけど、こういう形で2人とも、ダブルスを1回勝てたということで、お互いいい形で気持ちよく入れると思いますし、明日はお互いベストを尽くして。私もいい試合ができるように頑張りたいと思います。
(土居選手)そうですね、もうほんとに一緒で、まぁ今日の勝ちがお互い明日いい流れになっていると思うんで、ほんとにいい試合ができるように、ベストを尽したいと思います。
  • チケットはこちら
  • 試合結果